2016年12月21日

イスライル軍(メルカバ・ゴリアテ)にガレキ投石で戦うアラブキッズ(パレスチナ・ダビデ)たち

三沢アメリカ村(北日本一オシャレな店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、スッキリした空模様です、でも今朝ほどはイツドモナク・シバレテいた。ようはめちゃ寒かったと言う事。さて内外のニュースを観て見よう、師走だと言うのに相変わらず殺伐とした事件だらけである、ノロウィルスが牡蠣を襲ったとかスーパーのパンや肉に針が混入など、なんかイヤになるなぁー。では恒例の軍事絵の関連絵をひとコマ紹介する。国内の殺伐とした事件に絡んで国外中東地域の現状を見ると、アラブ民族とイスライル民族の背中合わせで混在する中東地域では一般庶民が普通に生活する場の市街地も戦場化なりつつある。この地域での内紛は遠い昔の歴史の継続であり、イスライルとの境では、危険この上ないことにイスライル国防軍・陸軍(民間防衛軍)機甲師団の第3世代超越・主力戦車メルカバMk3B対地上戦戦闘戦車(ゴリアテ)にコンクリート片のガレキ投石で対抗するパレスチナ子供(ダビデ)たち、戦場ではないのにこんな現実!!がまだあるんだ・・・・、この子たちが大きくなって若年層から民族戦闘員として目覚めて(自ら戦場に)行くことは悲しいなぁーと考えつつヂヂイのため息と独り言。




  


Posted by tsuzuki  at 15:12Comments(0)

2016年12月20日

米空軍ナイトライダーズ・パラレスキューマンは特殊能力の戦闘員集団である

三沢アメリカ村(北日本一オシャレな店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、今日もまた天気良し、ウン満足。でも小生の居る「スカプラ」、今時分は閑散である。さて内外のニュースを覗いて観ようかな、まぁ、内外問わず毎日どこかで殺人事件が起きている、だんだん慢性化してくるなぁー、そしていつしか何とも思わなくなってくる、これが非常に怖い精神意識だ。気を付けよう!!!では恒例の軍事絵の話題をひとコマ紹介する、アメリカ空軍の戦闘地最前線における戦闘機脱出パイロットの救出任務にあたる特殊作戦でHH-60G ペーヴホーク・戦闘捜索救難特殊作戦ヘリコプター機で敵中に進出するアメリカ空軍・航空戦闘軍団・第23航空団・第563救難群・第48救難飛行中隊(ナイトライダーズ)のパラレスキューマンである。実は、同様任務に当たっていた部隊が昔、三沢の在日米軍三沢航空基地にも配備されていた。ところでこの絵の形相がまた凄味がありますね、機会がありましたら彼らの服装、武器、装着装備等を観察して見たらと思いながらため息が出てばかりのヂヂイの独り言。


  


Posted by tsuzuki  at 15:43Comments(0)

2016年12月19日

これが今、話題の空中給油事故による緊急不時着機テイルトローター同型機ですね

三沢アメリカ村(東北一オシャレな店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、今日の天候は晩秋の日和の良い日みたい、なんか暖々とする。では内外のニュースを観て見よう、中東ヨルダンの観光地で武装集団が無差別殺戮で相当数の死者を出している、またイエメンでは非情集団ISが爆弾テロで無差別殺戮で多大な犠牲者を出している。いずれも過激な殺人者たちである、卑劣すぎて言葉も出ない。国内の話題に戻ろう、北方四島返還問題では歯舞群島などを経済交流の場で進展させようとのこと・・・・、この種の件はこれまでも日露で何回か話し合いを持っていた件だ・・・・どうなるか?最終的には現「米軍地位協定」と同じでロシアとも「四島・日露地位協定」を結んでかなりロシア側から制約がかかる協定締結か、勿論、多額の各種交流名義の金額も日本側は要求されるであろうが致し方ない。話変わって、日本では「福島原発問題」が直近の課題だ、結果はハッキリしている旧ソ連の「チェルノブイリ」廃炉問題と同じで廃墟にしなきゃダメでしょう。それまでの撤去、隔離、放射能排水処理等の費用は国民一律に電気料金かさ上げで対処することになるでしょうね。また、三沢の隣の六ヶ所村の日本原燃の「高レベル廃棄物」の貯蔵、最終処分はどうなるか???これは、ものすごく厄介な話である、まぁ、それまではヂヂイ小生も生きていないかもね。それでは恒例の軍事絵をひとコマ、アメリカ海兵隊・第3海兵航空師団・第16海兵航空群・第161海兵中型テイルトローター飛行戦隊のMV-22B オスプレイVSTOL軍用輸送機(Greyhawks) 01/YRである。これが今話題の空中給油事故による緊急不時着機同型機ですね。奥の小さなヘリは海兵隊AH-1Zヴァィパー対地上戦・対戦車攻撃重武装ヘリコプター機かな?と今日もヂヂイの独り言。
  


Posted by tsuzuki  at 14:20Comments(0)

2016年12月18日

海兵隊・F-35B電光2世機の爆弾攻撃装備にはこんなのが使われますね

三沢アメリカ村(北日本一オシャレな店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、今日は久しぶりに仲冬後期の秋晴れでした、ものすっごう凌ぎ易かったですね…ん。では内外のニュースを観て見よう、じじいの運転で死傷者が続いて殺人じじいは車メカの異常を訴えていたが、この種の件は断言することはタメラワナク、オハンの運転ミスですと言いたい、世の中が気持ちの上で高精密になって来るとメカ異常ではないかというマクロの可能性を追求する。フ~ン!!対外的な輸出入経済の動向の受けやすい日本はすべての物がこれから高騰するのか?ガソリン、円安、食料等生活品の上昇など来年は今までなく異常な世情を味わうのか?今までがモノ余りだったから、致し方ない。ではまた恒例の軍事絵のひとコマ、類似絵の第2弾、アメリカ海軍の最新々型の強襲揚陸艦「USSアメリカ(LHA-6)」艦上におけるアメリカ海兵隊・海兵航空機部門・第1海兵運用試験及び評価飛行戦隊(VMX-1)所属のF-35B ライトニングII(電光2世)短距離離陸・垂直着陸統合打撃戦闘機 BF-16-168312 コード: MV/52 と手前のNCU-236 爆弾積載牽引車に搭載されているのはBLU-109・2000ポンドの耐爆目標・地中貫通型爆弾の実弾だな、ちょとやそっとの堅固な防御施設では内部深部から破壊する能力を持ってるなぁーと思いながらまたまたヂヂイの独り言。


  


Posted by tsuzuki  at 16:50Comments(0)

2016年12月17日

F-35B電光2世機は海兵隊運用仕様だがアメリカ海軍でも運用評価検証している

三沢アメリカ村(北日本一オシャレな店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、ただ一言、寒いです。さて内外のニュースを観て見ると・・・・中国軍の艦船がアメリカ海洋(水中)データ機器を作業中に横取り「かっぱらった!!!」要は軍が泥棒をした。地球人の常識を持たない国である。で、三沢ではこの時間から在日米軍三沢航空基地での基地内各家庭のクリスマス・デコレーション見学ツァーが始まった。凄い数の参加者である、今日は訪れる皆さんの ハッピーホリディ!!・・・一足早いメリークリスマス!!では恒例のチト珍しい軍事絵のひとコマ、判るかなこの違い?アメリカ海軍の最新々型の強襲揚陸艦「USSアメリカ(LHA-6)」艦上におけるアメリカ海兵隊・第3海兵航空師団・第13海兵航空群・第211海兵戦闘攻撃飛行戦隊所属機のF-35B・BF-36-168839 ライトニングII(電光2世)短距離離陸・垂直着陸統合打撃戦闘機CF/03の試技(デモンストレーション)着艦訓練とアメリカ海軍・海軍軍用機センター・航空機部門・第23航空試験及び評価飛行戦隊所属のF-35B・BF-05 ライトニングII(電光2世)短距離離陸・垂直着陸統合打撃戦闘機SD/65による開発試験(DT-III)及び運用試験(OT)の検証着艦訓練である。アメリカ海軍、アメリカ海兵隊どちらも同型機ですね。この機体って、アメリカ海兵隊専用運用機だったなぁーと思いながらヂヂイの独り言。

  


Posted by tsuzuki  at 17:42Comments(0)

2016年12月16日

米陸軍歩兵隊員の地道なモルタル基本訓練の繰り返し、これって下手すれば大怪我で済まないかも

三沢アメリカ村(北日本一オシャレな店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、なんかもれヨーケ、ヒヤッとして来た。スカプラ入込客閑散が今日も続く、年末だと言うのに・・・・。身も心も北風が容赦ない感じ・・・・。では内外のニュースを観て見よう、中東・内紛都市アレッポが完全制圧された、これまでの無残な殺戮に対する仕返し・人身虐殺報復が無ければいいが、無理であろう。国内では一時期絶大な人気と膨大な来客数を誇った北九州市の宇宙体験型のテーマパーク「スペースワールド」が閉園するらしい、民事再生法の申請をしたりで、やっぱ、経営不振だろうなぁー・・・・、アベノミクスさん、日銀クロさん、サッパリ景気が良くならないんだけど、どうなってるの????では恒例の軍事絵をひとコマ紹介する。アメリカ陸軍・合衆国大平洋陸軍・第25歩兵師団・第3旅団戦闘団・第27歩兵連隊・第2大隊・H中隊歩兵隊員によるM120・120ミリ迫撃砲の砲座固定設置、着弾計測、各種榴弾・煙幕弾・照明弾の飛弾装填練熟訓練の様子かなぁーと考えながらまたもやヂヂイの独り言。


  


Posted by tsuzuki  at 16:53Comments(0)

2016年12月15日

米陸軍・第377パラシュート降下歩兵連隊・第2大隊・A歩兵隊の寒中での榴弾砲の装填

三沢アメリカ村(北日本一オシャレな店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、暗闇迫る。やっぱ、夜は寒いなぁー。では内外のニュースを観て見よう、これまでも何回となく話題に上っていた沖縄・米海兵隊普天間基地の第1海兵航空師団・第36海兵航空群のMV-22Bオスプレイ中型輸送ティリットロータ機が空中給油訓練中に給油機プローブドローグと接触墜落したとのこと、詳しいことは判らないが外から見るに、パイロットの受油操作練度はどうなのかと思ってしまうし、訓練を積まなければ練熟していかない技術的に必要なことである。ところで中国軍が南沙諸島の全人工島に長・中距離ミサイル、速射砲などセットによる(艦艇用)近接防ぎょ火器システム(シーウス:CIWS)や一部に地対空ミサイル迎撃システムなどを配備したらしく人工島の連鎖的なアタックポジション確保に至ったのか?さて恒例の軍事絵をひとコマを紹介しよう、アメリカ陸軍・第25歩兵師団・第4歩兵旅団(空挺)戦闘団・第377パラシュート降下歩兵連隊・第2大隊・A歩兵隊によるM119A2・105ミリ榴弾砲(射程約16キロ)の砲弾装填、射撃輪転操作訓練である。音は凄いし、めちゃ寒いしで早く終わりたいと思っているだろうなぁーと考えつつヂヂイの独り言。
  


Posted by tsuzuki  at 17:13Comments(0)

2016年12月14日

北朝鮮・特殊作戦・特別部隊員のヘリボーン空挺進攻軍員態勢の殺戮、破壊工作は侮れず

三沢アメリカ村(東北一オシャレな店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、気温が低いけど空気は澄み切っていて気持ちがいいくらい。さて、内外のニュースを観て見よう、中東イラク第2の都市アレッポが陥落しISが逃散したらしい。解放された街は悲惨な結果しか生まない、残虐非道な殺戮少ないことを祈る。ところで恒例の軍事絵をひとコマ紹介する。世界の思惑では何をするか解らない国、北朝鮮がメディア用軍事訓練(演習)を公開した。常に戦争準備を進めている北朝鮮軍が北朝鮮軍・特殊作戦大隊の韓国大統領府(青瓦台)を模倣した侵略進攻打撃訓練(演習)を公開したらしい?ロシア製のミルMi-8(MT)ヒップ?兵員輸送支援ヘリコプター機による超低空・静穏進攻により特殊作戦兵士のワン・パラシュートに武装戦闘員2人スクラム緊急降下と懸垂ロープ降下やアメリカ製ヒューズ・ディフェンダーMD-500軽量観測ヘリコプター機?により特殊作戦・特別部隊員はヘルメットに暗視ゴーグルを装着、携行装備は突撃銃である北朝鮮製88-1式歩兵自動小銃にグレネードランチャーと武装戦闘員装備での独特の実戦想定訓練である。北朝鮮の軍事部隊による戦争準備進行は決して侮ってはいけない、戦争の勃発は過去の歴史を観ても証明されているように民族間の高飛車な言い争いからの武力行使、信仰宗教上の価値観、利害からの紛争拡大での武力行使などなど、些細なことでの武器使用実力行使の延長線上で拡大戦争が勃発しているなぁーと紐解きながら思案ごころでヂヂイの独り言。


  


Posted by tsuzuki  at 11:54Comments(0)

2016年12月13日

Dusty Dogs of Helicopter Sea Combat Squadron (HSC) 7

三沢アメリカ村(東北一オシャレな店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、残念ながら今日はスカプラ店舗は定休日である、従ってヂヂイの職場も休みだから上空の天気は分からない。内外のニュースを見ると、高齢者虐待とも言える年金給付額を抑制する「年金制度改革法」案が可決した、庶民間の消費経済も悪化しているような感じだし、なんか段々とうす暗い時代に入り込んできたような感じを受けるのはこのヂヂイだけか?さて恒例のきれいな軍事絵を一コマ。アメリカ海軍の原子力超大型航空母艦「ドワイト・D・アイゼンハワー(航行排水量10万トン超)」の艦載機集団の第3空母航空団・第7ヘリコプター海洋戦闘飛行戦隊に所属しているMH-60Sシーホーク対潜哨戒・救難・輸送・多用途戦ヘリコプター機である。乗ってみたいなぁーと思いながらヂヂイの独り言。
  


Posted by tsuzuki  at 18:26Comments(0)

2016年12月12日

米空軍の最高峰アクロチーム・サンダーバーズに来年9月下旬には極東ツアーを組んでほしい

三沢アメリカ村(東北一オシャレな店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、今日も寒々としている、市街地のメインストリートも今時分は車も人通りも閑散としている。まぁー、いいかっと!国内の動静を観ると、かなり身近なところで三沢市の隣、六ヶ所村の日本原燃の雇用規模が急速に拡大している。雇用の場が充実、拡張することは地域にとって、経済投下に反映とそれに伴う消費への増長の現れであると考えたい。また国外の軍事動向を覗くと、来年のバーズのスケジュールを観るとなぜか9月下旬から10月上旬の約10日間の期間が空白、若しかしたら、ここに極東ツアーを組んでくれるのかなぁー?淡い夢を抱いてる。それはアメリカ大統領が変わることと極東の情勢が不穏になって来ていることと、中国、北朝鮮への日米韓間の親密な関係堅持と相まっての太平洋海洋域への抑止力を高めるためにかと?でもこれまで大統領あてにバーズ招請のリクエストを送ったヂヂイとすれば素直に期待をしたいものである。では恒例の軍事絵をひとコマ、言わずと知れたアメリカ空軍が世界に誇る「サンダーバーズ(Thunderbirds)」正式な部隊名はThe United States Air Force Air Demonstration Squadron(私は「合衆国航空軍航空戦技演武飛行中隊」と訳したい。)のF-16C-Block-52を操るアクロバット・チームである。このチーム対してアメリカ海軍のアクロバット飛行チーム「ブルーエンジェルス」とは士気高揚のライバル関係だが共に世界的に観てもで最高レベルのアクロバット演技機動展開飛行技量を誇ると言われてる。空軍バーズチーム部隊がギネス・ブックに申請したのか演技戦闘機間の間隔距離が世界最短で登録されたなぁーと思いながらヂヂイの独り言。

  


Posted by tsuzuki  at 16:18Comments(0)