2016年12月23日

アメリカ海軍・臨検、舷側(乗船)、捜索及び(船舶)拿捕部隊(VBSS)Teamとは

三沢アメリカ村(東北一お洒落な店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、今時分はとっても風が強いです、でも気温はそんなに低くない。内外のニュースを観て見ると、糸魚川市で大火報道、折からの強風で100世帯以上が焼け出されたらしい。対岸の火炎事情では済まされない、三沢も強風化して来ている。これまでに東北では山形「酒田大火」、青森「三沢大火」など大規模な火災が発生してる。振り返れば、三沢大火でも消防水の供給不十分、消防車両の極端な不足で大火災になってる。この時には三沢市民のために『在日米軍三沢航空基地』の『米空軍・米海軍・米海兵隊・米陸軍の各将兵』の相当数がいち早く迅速な消火活動、交通整理などに協力活躍している。知らなかったでしょう。一つの隠れたエピソードを一つ「鈴木重令」元三沢市長が災害防備・防ぎょ対策に思い入れの強い方で彼の市長時代になって飛び抜けて消防力における(特殊)車輌機械化、消火隊員、救助専門隊員などの消防戦力強化、増員を図ってる。また余談であるが、津波被害の多かった三沢海岸線住居の騒音公害の改善と津波襲来防ぎょでいち早く集団、個人住居移転対策を実施したのは意外と知られていないね、元市長は天災加担災害に異常な執着を持っていたね、過去の歴史をよく調べていたらしい。さて恒例の軍事絵をひとコマ紹介する、アメリカ海軍・艦船のミサイル誘導駆逐艦などに特別任務戦闘部隊が配置されているが彼らを観て見よう。アメリカ海軍・第7艦隊作戦エリア内で哨戒任務に当たってる艦船上で海上での違法麻薬、武器密輸、海賊行為に対処するアメリカ海軍・臨検、舷側(乗船)、捜索及び(船舶)拿捕部隊(US Navy Visit, board, search, and seizure(VBSS)Team )である。戦術浮力防弾ベストを着用して、敵対抗武器装備はMark18MOD0カービン、或いはM4A1 MOD18 rifle(アサルトカービン)、Mossberg 500タイプ・ショットガン、Beretta M9ピストルで武装してるなぁーとヂヂイの独り言。

  


Posted by tsuzuki  at 12:12Comments(0)