2016年12月12日

米空軍の最高峰アクロチーム・サンダーバーズに来年9月下旬には極東ツアーを組んでほしい

三沢アメリカ村(東北一オシャレな店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、今日も寒々としている、市街地のメインストリートも今時分は車も人通りも閑散としている。まぁー、いいかっと!国内の動静を観ると、かなり身近なところで三沢市の隣、六ヶ所村の日本原燃の雇用規模が急速に拡大している。雇用の場が充実、拡張することは地域にとって、経済投下に反映とそれに伴う消費への増長の現れであると考えたい。また国外の軍事動向を覗くと、来年のバーズのスケジュールを観るとなぜか9月下旬から10月上旬の約10日間の期間が空白、若しかしたら、ここに極東ツアーを組んでくれるのかなぁー?淡い夢を抱いてる。それはアメリカ大統領が変わることと極東の情勢が不穏になって来ていることと、中国、北朝鮮への日米韓間の親密な関係堅持と相まっての太平洋海洋域への抑止力を高めるためにかと?でもこれまで大統領あてにバーズ招請のリクエストを送ったヂヂイとすれば素直に期待をしたいものである。では恒例の軍事絵をひとコマ、言わずと知れたアメリカ空軍が世界に誇る「サンダーバーズ(Thunderbirds)」正式な部隊名はThe United States Air Force Air Demonstration Squadron(私は「合衆国航空軍航空戦技演武飛行中隊」と訳したい。)のF-16C-Block-52を操るアクロバット・チームである。このチーム対してアメリカ海軍のアクロバット飛行チーム「ブルーエンジェルス」とは士気高揚のライバル関係だが共に世界的に観てもで最高レベルのアクロバット演技機動展開飛行技量を誇ると言われてる。空軍バーズチーム部隊がギネス・ブックに申請したのか演技戦闘機間の間隔距離が世界最短で登録されたなぁーと思いながらヂヂイの独り言。

  


Posted by tsuzuki  at 16:18Comments(0)