2016年12月11日

戦術抑止力で専管迎撃戦闘任務おいては世界最高峰の戦闘機米空軍F-15E

三沢アメリカ村(東北一オシャレな店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、この時間寒い寒いですね。今朝は降雪の状況から積雪の状況を観察しながら、少し暗い前から16馬力ハンタ除雪車の始動最終点検を行ったが思ったより積もらなかった。内外のニュースを覗いたら、何か、中国国防省が同国の人民国防軍戦闘機が大平洋への遠征演習訓練中に日本の航空自衛隊機F-15J要撃戦闘機(領空侵犯緊急発信機?)2機から「妨害弾」を発射されたとして抗議すると言う意味不明な発表をしている、領空侵犯等が無ければとんでもない発言である、中国機のパイロットなどもも訓練演習であれば相当数の実績を持った隊員であろうことから、この事実?無根行為が現実的な実状に無かったとすれば、難くせとか、非道な嫌がらせである、と同時に視認したパイロットの技術的力量、修練判断そのものが疑われるし、レーダー精密器の誤作動であれば航空機精密機器の製造技能が疑問視される。要するに技能練成、科学技術の程度が低いとしか判断できないなぁー。では素晴しいほど機動性が伝わってくる絵を見たので恒例の軍事絵としてひとコマ紹介したい、アメリカ空軍が誇る前方展開の戦術的な盾であり、戦術的な抑止力を堅持しているF-15Eストライクイーグル・マルチロール戦闘爆撃機である。要撃戦闘機で専管迎撃戦闘任務おいては世界最高峰の戦闘機であると言っても過言でない、また作戦任務において対地上爆撃任務に変換するとすれば戦闘機にしては膨大な爆弾搭載が可能である。そして、グローバル的に観てもアメリカ空軍の一方の最強戦闘機であ
るなぁーと考えながらヂヂイの独り言。  


Posted by tsuzuki  at 15:41Comments(0)