2016年11月20日

11月18日のつづきアメリカ陸軍、ベーカーカンパニー・プラトーンの勇猛果敢な勇者集団

三沢アメリカ村(東北一オシャレな店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、本日も凌ぎ易いがどんよりした天気です。今日は日曜日とあってか、スカプラの入込客もファミリーがズンズン増えてきている。いいことだ。ところで青森市にある陸上自衛隊第9師団隷下先発隊隊員たちが南スーダンの国連平和維持活動(PKO)で東アフリカの内紛国「南スーダン」に人道支援団体の警護に向かった。当然、危険は伴うが日本国に居て防衛の任に当たってる組織はもとより国家に心身を提供していることから地球人内の不測事態の要請には使命感を持って参画しなければならないであろう。困ってい者を援助し、救済し、保護することは自衛隊員としての当然の使命であると信ずる。これから世界も時代が急速に進むにつれ想定外、予期できないことが発生することは目に見えている。ある種、防衛も援助も同じような意義を持つでしょう。さて恒例の軍事絵をひとコマ紹介しよう、この絵は11月18日に紹介したアメリカ陸軍紹介のつづきになりますよ。先般紹介した『アメリカ陸軍の勇猛果敢で名声を馳せた大平洋陸軍軍団・第25歩兵師団・第4歩兵(空挺)旅団戦闘団・第509歩兵(落下傘)連隊・第3大隊・B中隊・小隊員による消防隊の移動、通信、火災の移動、兵器の貯蔵保管庫の特定と除去、死傷者の治療と退避などの主要歩兵技能に焦点をあてた歩兵戦闘課程の復習教育訓練』の訓練後の猛者ぞろいのベーカーカンパニーお揃いのグループ・ペクチャーになりますね・・・・と考えながらヂヂイの独り言。


  


Posted by tsuzuki  at 15:27Comments(0)