2016年10月23日

第1大隊砲撃員によるM777・155mm榴弾砲の発射の場面

三沢アメリカ村(東北一オシャレな店)スカイプラザミサワ広場上空、週末の日曜、ちと寒いが秋晴れの気持ち良い天気です。直感として今日も何か心空しい一日になりそうだ。内外のニュースを見て観ると、シリアで戦闘再燃で激化の様相を見せている。都市アレッポらしいがかなりの民間人が居座っておりまた犠牲者が激増するかも?殺戮集団・超過激派組織「イスラム国」が劣勢になってくると一般民衆を攻撃防ぎょの人間の盾にすることは目に見えている。恐怖の惨状に化すかも…非道な惨劇だ。今日はおとなしく恒例の軍事絵を一枚紹介する。アメリカ陸軍・第1軍団・第7歩兵師団・第2歩兵火砲師団・第37野砲連隊・第1大隊砲撃員によるM777・155mm榴弾砲の発射の場面である。俗にこの大砲には射手、測定手、装填手など射撃戦闘砲撃員5名で操作され、最大射程40キロの飛翔を持ち、有効射程距離は24キロで着弾地に広大で強大な破壊力を持つと言われてる。ひとりごと。
  


Posted by tsuzuki  at 15:06Comments(0)