2016年10月21日

第130電子攻撃戦隊(電子機器破壊者)所属のEA-18Gグラウラー電子戦攻撃機(502/AC)の重量感雄姿を

三沢アメリカ村(東北一オシャレな店かな?)スカイプラザミサワ広場上空、今日は今時分、西風で爽やかな日和です。さて今日は来客も無いから、大英帝国王立空軍のユーロファイター「タイフーン」マルチ戦闘爆撃機が来沢するからお出迎えに行こうかな。内外のニュースを見て観ると、フィリピンのドゥテルテ大統領が訪問先の中国で「米国と決別する」と、また破天荒な発言をしたようだ、中国に対するリップサービスか?この方の心のうちは解らないが…。何かこの国の政局運営の取り巻き高官(大臣クラス上席参謀)は大変ですね。麻薬撲滅の強硬な弾圧は良いが同国内の民衆経済政策の貧富の差は全然改善されて無い、むしろこっちほうが大事だろうに…。さて恒例の軍事絵を一枚紹介する。アメリカ合衆国・海軍作戦本部・アメリカ中央軍のアメリカ大西洋艦隊(第10空母機動打撃群)第5艦隊はアラビア海、ペルシャ湾、オマーン湾、紅海、アデン湾及び東アフリカ・ケニア沖海域を機動責任(前方展開遠征)地域としているが海域等不穏事情悪化の場合は即、発生事案対抗の機動(任務)部隊の編成に組み替えられる。同艦隊の超大型・原子力航空母艦「CVN-69 ドワイト・D・アイゼンハワー(通称:米国大統領の愛称から【アイク】」から離艦艦載機の第3空母航空団・第130電子攻撃戦隊(愛称:ザッパーズ→電子機器破壊者)所属のEA-18Gグラウラー電子戦攻撃機(502/AC)の重量感雄姿を味わいながらヂヂイの独り言。
  


Posted by tsuzuki  at 13:26Comments(0)