2016年10月06日

米空軍・第60保安部中隊(略称:憲兵隊)隊員の実戦仕様保安訓練と三沢に英国王立空軍のタイフーンが来る

三沢アメリカ村(北海道・東北一オシャレな店)スカイプラザミサワ広場上空、今日は朝にはパラパラ小雨が降りていたが昨日のぐずついた天気とは打って変わっていい空になりました。内外のニュースは休んで近況を…。今朝6時半ごろにKC-135R空中給油機が2機飛んでってた、レッドフラッグアラスカ17-1に行ったのか?当然、F-16CMワイルドウィーゼルも時間差で12機ぐらいは行くでしょう?でも長距離なので出発時間が・・・?
それとよう解らんが飛行場出入りがいつもと違ってやたら激しい。ところでマレーシアで共同演習に参加している英国王立空軍のタイフーン、ボイジャー一行がどうやら21日演習終了後に23日の午後一で航空自衛隊三沢基地(在日米軍三沢航空基地ジョイントベース)に到着するでしょう。タイフーンの海外遠征を見るとかなり厳しい長期間移動での訓練を行ってる。韓国での共同訓練後にマレーシア空軍と、そして空自と、これはきついですね。さて今日も恒例の軍事絵ひとコマ紹介する。アメリカ空軍・航空機動軍団・第60航空機動航空団・第60任務支援群・第60保安部中隊(略称:憲兵隊)隊員による航空機動軍団航空機の通過飛行場における保安(治安)維持を想定した?俊敏対処機能シュミレーション射撃イベント(訓練?)のひとコマか?ハンド着用グローブはオークリーだね、ベレッタかコルトを構えてのこの歩行スタイル若しかしたら女性戦闘員(兵士)か?う~ん、ホルスターで判別できない。俺も年を取って識別判断が鈍くなってきたか、ん~、と思いつつ独り言。
  


Posted by tsuzuki  at 12:17Comments(0)