2016年09月04日

11日、「三沢基地航空祭」でB-1Bボーン超低空長距離戦略爆撃機のバレル・ロールを観たい

三沢アメリカ村(オシャレな店)スカイプラザミサワ広場上空、週末日曜日、天気はどんよりしているがマアマアであろう。スカプラも昨日に続き子供連れの若いファミリーが多い。内外のニュースでは相変わらず、台風10号襲来の爪痕での被害回復作業の中、台風12号が九州上陸が伝えられている。ところで来週11日(日曜日)はいよいよ「三沢基地航空祭」である。今回は目新しい機体が披露されるのか?実は日本の直ぐそばのグアム・アンダーセン空軍基地にアメリカ空軍・戦略爆撃機部隊精鋭のB-52H、B-1B、B-2Aの各戦略爆撃機が集まってる、無論、空軍自体の作戦「大人の事情」によるものであろうが・・。

そこで「三沢基地航空祭」の最高のセレモニーとしてにぜひ見て観たいB-1B戦略爆撃機の飛行場(滑走路上空)ローパス、バレル・ロールなどの飛翔アプローチをしているが・・・、どうなるか??さて、恒例の軍絵を紹介したい。アメリカ空軍・第8航空軍・第28爆撃航空団・第28作戦群・第34爆撃飛行隊所属のB-1B・Block-D【MSN-45】85-0085(America-1)ランサー超低空長距離・空中核?戦略(戦術)爆撃機である。この編成部隊群がアメリカのグローバル前方展開戦略軍事スタンスのカナメと成っており、侵攻時には超低空地形追従での進入展開を行う。怪鳥?のような美しい流線型の機体を運用搭乗員は「ボーン(B-One)」と呼んでいる。今日は気圧低下?体幹で感じるせいかどんよりした気分での独り言。

  


Posted by tsuzuki  at 15:59Comments(0)