2016年08月07日

ロシア空軍のこだわりで第五世代と称する化け物戦闘攻撃ヘリコプター機、急開発

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ広場上空、夏真っ盛り天気は良いが暑い!!このところわが東北の各地では秋に向かって様々な祭りイベントが目白押しである。内外ニュースでは五輪でやっと金メダルが出た、これからが金メダルの量産ムードかな?と思ってるとあっちこちで事故や殺人が続出してる。チョット突出した軍事ニュースを紹介。不気味なロシア空軍では超スピードを究明したヘリを急務で開発しているらしい。ロシア空軍のMi-28NM 対戦車、対地上(対艦船)、対戦闘機交戦戦闘攻撃ヘリコプター機がそれである。ロシア空軍が改良開発を急いでいるロシア軍の欲張りな設計思想に基づく多目的・多種装備機能運用ができ、なおかつ被弾維持強化・長低空・超高速(現行ヘリスピードの倍近い時速約600キロ運用?)加えて長距離進攻型でステルス型?第五世代戦闘・攻撃ヘリの位置付けとしているらしい。実現の可能性は別として国家上げてのプロジェクトで取り組んでいるらしい。おそらくは出来上がった実機はこの絵とはかなり違うであろう。病み上がり継続中での独り言。
  


Posted by tsuzuki  at 15:17Comments(0)