2016年06月29日

北朝鮮ムスダン中距離弾道ミサイルロケットを侮れなくなって来たぜよ



三沢アメリカ村スカイプラザミサワ広場上空、本日もスッキリ晴れ渡っています。在日米軍三沢航空基地の動向をチラット紹介する。7月中旬から始まる予定のメイン滑走路の改修工事に伴い米空軍機を要する第35戦闘航空団のF-16CM-50は三沢基地の隣、海自・八戸基地を4機ローテーションで臨時使用。米海軍機のEA-18Gは分遣隊でクラーク空軍基地へ行ったし、P-8Aも在日米軍嘉手納航空基地へ移動するし、空自のF-2Aの8SQは7月上旬で築城機基地へ完全移動だし、残った3SQは空自千歳基地かな。アラートスクランブルをどうするか?まあ、3SQが対応するであろうがいずれにしろ、難しい防衛体制の臨時防衛展開整備を進めなければならない。それからアメリカ陸軍のEO-5C Dash7 空中低高度偵察・複合感知特殊電子任務航空機が駐機していたが目的はなにか?謎だ。ところで北朝鮮の動向もいささか気になるが北朝鮮から配信された絵があるので紹介する。旧ソ連が開発したR-27<SS-6-N>中距離弾道ミサイルロケット(IRBM)を独自に改造、改良した北朝鮮版・ムスダン中距離弾道ミサイルロケットが蜂の巣状の安定操縦補助翼や固体燃料の常時精密安定噴出などあらゆる面での最新技術向上が図られ6発目でグアム島圏内を射程に入れた一定の成果を上げムスダン中距離弾道ミサイルロケットの実戦運用に成功したらしい。おおコワ!! 多分つぎは長距離弾道の開発かな?核弾頭を詰めて飛ばせる北朝鮮ミサイルロケットに興味ある者の独り言。  


Posted by tsuzuki  at 17:45Comments(0)