スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2016年05月11日

東西ドイツ分列時代、子供たちも戦争準備ごっこで軍事教練

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ広場上空、どんよりとした天気、超めちゃうっとうしい。しやぁない自然現象には勝てん。なんかオバマ大統領がさきの大戦での類を見ない被害地のB-29エノラゲイ原子爆弾投下地の広島を訪れ、特に報道機関たちが謝罪云々と言ってるがこれどういう事、訪問だけで謝罪か?誰が言ってるの?国賓であればキチンと言葉や書面でその気持ちを現すべきでないか。面白い絵を発見した。時間を遡るが東西ドイツ分列時代、旧ソ連の後押しがあった旧東ドイツでは大体15歳未満ぐらい(古い時代の日本でいえば元服の年位)で学校教育?に軍事教育、軍事教練が実際に行われていた、絵の戦車は小型戦車というだけそれなりの破壊力を持っていた。おっとろしい。我々が知らなかった昔はこれで普通であったとのこと。被ってる戦車搭乗員戦闘帽は旧ソ連製か?
  


Posted by tsuzuki  at 17:43Comments(0)