スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2016年05月08日

怖ろしあ、イラク民兵の超スナイパー・アブ・ライダー、クリス超えている

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ広場上空、この時間いつも通りヒヤッとして来ているが日がだんだんと長くなってきた。北朝鮮の話題に移ろう。性懲りも無く党大会の最中にもかかわらず旧ソ連軍のミサイルロケットを改造、分解組み合わせ替えし弾道ミサイル化を向上しよう?としているミサイルロケットをまたぞろ発射するような兆し。何を考えているのか通常では考えられない国である。こういう国は偶発を引き起こす、おっかねー。ところで恒例の軍関係の絵を紹介する。あまりいい話ではないが外国の戦争(内戦)の中での出来事の一つであるので深く考えないで受け止めて・・・・。事情はともかく卑劣であろう殺し合いが続いた中東イラク、アフガン戦でのアメリカ海軍の特殊作戦部隊・ネービー・シィールズ・シックス局地戦中東担当レッドチームの超スナイパーと言われたクリス・カイル狙撃手は映画にもなり、あまりにも有名な方ですがイラク民兵組織にも自軍の功績をクリス狙撃手以上挙げた超有名な狙撃手アブ・ライダーがいる。最前線戦闘員としてはかなり高齢だが敵対する狙撃戦闘員をとんでもない数倒している。これまでも5回以上の中近東内戦を戦い抜き60歳を超えた現在も最前線で戦い生き残り続けている。日本人にはこの戦争は到底理解できないがイスラム聖職者(殉教者)としての民族・自国侵略防衛の戦闘行為は神が許し?ている。こうしたことも含めて中東情勢の変化には大部分の日本人は無関心かな。独り言。

  


Posted by tsuzuki  at 18:18Comments(0)