2015年12月18日

Explosive Ordnance Disposal Mobile Unit (EODMU) 5


三沢アメリカ村スカイプラザミサワ広場上空、今日も静かに暮れ行く。忘年会時期だというのに今一ムード沈滞どういうこと。ISイスラム国問題は大阪市長の橋本氏と仲良くなかった朝日新聞が何か書いてるが今日は特別休みとする。自分も現役時代代議士、大臣をおそろしくなく巧みな説得で誘導していた京大、東大出の官僚を相手に補助金、交付金、調整交付金、各種助成措置(要するに金)等等を苦虫をつぶしながら、こなまずるく地元に獲得してきた一人だが・・・・。某市役所の職員よ、国の補助金獲得のためがむしゃらに行け・・・・。判るか、ウン。アメリカ海軍の戦時前線機動編成部隊である第70任務部隊の護衛部隊である第7艦隊水上部隊の第75任務部隊(CTF-75)に包含され爆発処理及び沿岸河川対応を任務とし、潜水技術をもって水上・水中建設工事の機動運用を行う海軍遠征戦闘コマンド(NECC)・第1爆破物処理グループ・第5爆発物処理移動ユニット隊員(EOD)による負傷者応急措置訓練。二人の戦闘ユニホームがNWU TYPEIII aor2とMulticam Fire Resistantの取り合わせですね。もち両方とも耐火服です。多分これからはこの種類がどんどん導入される。サバゲー連中よ映画やドラマだけの知識では遅れるぜよ。  


Posted by tsuzuki  at 18:26Comments(0)