2017年12月14日

北朝鮮との軍事休戦ラインを接する韓国陸軍(国土)防衛軍の攻撃武器はより高度化のものを

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、日が良いが冬が前進しています、夕方になるとツツと寒くなって来てますね・・・では、内外のニュースを観て見ましょうか、本日は特別??な注目話題は無いのでスルーしちゃオォーっと。さて恒例の働く??軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、このような絵は見慣れている人も多いと思いますが、実はこれ、大韓民国(韓国)陸軍・韓国陸軍直轄部隊
である航空作戦司令部・?航空旅団の?航空隊に急ピッチで増産配備が進められてるアメリカ製の戦闘ヘリのAH-64E (AH-64D/ Block-III) アパッチ・ガーディアン対戦車・対地攻撃/戦闘ヘリコプター機である。通常装備武装のAIM-92スティンガー空対空ミサイルの射撃発射訓練模様はいづこも同じだなぁーとジジイのひとり言。
北朝鮮との軍事休戦ラインを接する韓国陸軍(国土)防衛軍の攻撃武器はより高度化のものを


  


Posted by tsuzuki  at 16:20Comments(0)

2017年12月12日

戦闘機ジェネレーションでは第5世代に類すると言われてるがステルスと言うだけで実内容は次か

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、かなり気温が下がって来ておりますね、そりゃ、冬ですから・・・・小雪もちらついています・・・・そりゃ冬ですから。では内外のニュースを観て見ましょうか、表立ってはいないが、アメリカ空軍は「グローバル攻撃軍団」、「戦闘軍団」の動きが急に静寂な運用態勢に転換しているらしい、ネイビー・ストライク群団、アーミー強襲部隊、マリンコー空挺・特殊作戦部隊の動きは判らないが・・・・・、エァーフォースは何事も無かったように淡々とマニアル仕事をこなしているらしい。史上最大規模の極東航空(爆撃)戦闘戦・「米韓合同演習」でオーサン基地に行ってる「在日米軍三沢航空基地・米空軍レーダー破壊部隊」の「F-16CM」戦闘爆撃機の第13戦闘飛行隊、第14戦闘飛行隊もごっそり帰って来て来ただろうし?・・・・ 三沢基地も「深々侵攻・臨戦態勢」継続維持シグナルが出ている?・・・・北朝鮮への進攻は湾岸戦と同様いきなりの「電撃」進入戦となるか????ただいつなのかな?・・・湾岸戦での突如の空爆攻撃は、奇しくも小生の誕生日の「1月17日」だっただけ。さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ観て見ましょうか、所在国軍籍マークも付けていない・・この機体、アメリカ空軍(実は日本国「航空自衛隊」所属)の日本製造型のF-35A (AX-05) 「15-5118」→「79-8705」稲妻2世・全天候ステルス統合打撃戦闘機である。さぁー、我らが三沢基地にはいつ帰って来るんかなぁーとジジイの独り言。
戦闘機ジェネレーションでは第5世代に類すると言われてるがステルスと言うだけで実内容は次か

  


Posted by tsuzuki  at 17:01Comments(0)

2017年12月11日

ボンブ・クルーが「ボーン:B-One」と呼ぶこの機体はステルスではないが超低空地形追従が得意

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、まぶしいくらいの日が差してるが、気温が段々と低くなってきている・・・さ~む!!では内外にニュースを観て見ようか、戦時侵攻・実戦シナリオ戦闘戦をプログラムし、戦闘機、攻撃機、爆撃機を200機以上集めて行われた「米・韓航空機総力戦演習」も終わり、アメリカ軍も韓国軍と同様に「有事緊急臨戦態勢」を完全スタンバイしたのかな???なんか、まだ記憶に新しいがついこのあいだ引き起こした中東・湾岸戦争、アフガニスタン戦争勃発時の事前動静、動揺に似てきたような感じがしないでもない・・・・嫌な感じ!!?あの時も突如であった・・・。さて恒例の働く?軍事絵を見て観ましょうか、きれいな絵を見つけたので紹介したい。アメリカ空軍・地球規模攻撃軍団・第8空軍・第28爆撃航空団・第28作戦群・第37遠征爆撃飛行隊(タイガース)所属のB-1B (MSN 54) 86-0094 ”Night Hawk”(暗闇の鷹)ランサー超音速重爆撃機「EL094」である。搭載爆弾類はより精度の高いピンポイント爆撃が確立されているなぁーとジジイのひとり言。
ボンブ・クルーが「ボーン:B-One」と呼ぶこの機体はステルスではないが超低空地形追従が得意

  


Posted by tsuzuki  at 15:44Comments(0)

2017年12月10日

大東亜戦争・開戦時の初代駆逐艦「旗風」艦名・第九号駆逐艦・類別1等駆逐艦・第5駆逐隊

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、冬に入ったけど非常に気候の良い日になりました・・・・では内外のニュースと言いたいところですが、手前味噌の話題をちっらと紹介します、小生の普通の父、もうすぐ死ぬと思う、現在百歳を超えていますが大東亜戦争勃発、戦中、敗戦時は、大日本帝国海軍・戦闘艦「戦艦・いすゞ」など乗艦のほか、当時の旧海軍では珍しい海軍「上海特別陸戦隊」(今でいう、アメリカ軍の最前線上陸部隊の「海兵隊」と同じ、死亡者多数。)の中型戦車隊・機械兵を経験し、敗戦後期は生き残りの駆逐戦闘艦隊の神風型・駆逐艦「旗風」(「硫黄島」玉砕時への陸軍兵輸送船団護衛・・・あとは言えない。)に乗艦し、アメリカ海軍・アベンジャー雷撃、ドートレス(3波襲来、約300機)に徹底的に破壊され、乗り組み員、約200名の中では今(現時点)ではただ一人の生き残りである。ただ軍人であった過去を引いているのか、未だ痴呆も無く70歳を超えた小生にも怒ることがる、口げんかは絶えない・・・・。小生は人間として人を敬いたい・・・・黙れ!!と言いたい。ただ、「大日本帝国海軍の最終章」を実感してる、実の「親父」であるのでそれは、黙して尊重している。ジジイのひとり言。
大東亜戦争・開戦時の初代駆逐艦「旗風」艦名・第九号駆逐艦・類別1等駆逐艦・第5駆逐隊

  


Posted by tsuzuki  at 15:27Comments(0)

2017年12月09日

猛禽ラプターは戦闘機の「忍者」とも設計者が自負する最高の機体であることは意外と知らない

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、日中は少し暖気が飛び交っていたが総体的に本日も寒いです、これからまだまだ気温が下がるとのこと・・・。では内外のニュースを観て見ましょうか、サァー、公務員のボーナス支給で経済流通動向がこれまでよりさらに新たに進展するか??中央の景気上昇が地方にも波及するか???北朝鮮が打ち上げた「火星15」アメリカ軍コードネーム「KN-
22」の射程距離圏内の飛翔自負で「アメリカ本土のほぼ全域を打撃破壊できる超大型重量級核弾頭の搭載が可能なICBM・大陸間弾道弾ミサイルロケット」と自慢表明している。確かにこれまでのミサイルロケットより直径で1メートル近く、全長で2メートル以上も長く、燃料搭載量も50パーセント増?自前の移動式発射装置(TEL)も中国製8軸(16輪車)を参考に9軸(18輪車)で世界最大のロケット発射移動車を国産化した言ってるが・・・では、何台持っているのか???物理的実力の程は不明??ただ、射程は1万キロを超えるでしょうし、ミサイルロケットの2段式から3段式に発展して行くでしょうが・・・。あとは、大気圏内再突入ロケット弾頭部強度技術と落下目標精度に掛かって来るだろう・・・。さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、珍しい機体絵を見たので紹介したい、アメリカ空軍・太平洋空軍・第11空軍・第3航空団・第3作戦群・第525戦闘飛行隊(ブルドッグス)のTabor-01のF-22A (MSN 645-4074) Block-20 (04-4074)ラプター・極ステルス多用途戦闘機「AK074」である。この戦闘機はこれまで意外と所属がハッキリしていなかったなぁーとジジイのひとり言。
猛禽ラプターは戦闘機の「忍者」とも設計者が自負する最高の機体であることは意外と知らない
  


Posted by tsuzuki  at 16:41Comments(0)

2017年12月07日

ストライクグループのデフェンス・デストロイヤーは表には出ないがこれが航空母艦を守るんだよ

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、オー寒む!!ガソリン価格も上昇気味で今後もこの継続がアップするような兆しも強いらしく、寒さ気候も増長の一途を見るらしい・・・・・。気温の低下はこの年になると「いらん」と言いたい。では内外のニュースを観て見ましょうか、国内の話題はもっぱら、恐れ多くも「天皇陛下」、皇室に関係した話題です。国外と言うとこれまでも、口汚しく罵り、罵詈雑言を浴びせかせてきた非情独裁国・北朝鮮首脳部が「眠れる獅子」の強大な歴戦・戦争国アメリカに対して、犬の遠吠えのように、北朝鮮の強力な核爆弾?保有能力によってアメリカはかつてない高額な代価を負う事に」と威嚇、わめいてる。本当に戦争をする気があるのか??・・・あまり、このような威嚇応酬時間が長くなると、巨大獅子のアメリカが「イラク進攻」「アフガン侵攻」「シリア進攻」と同じように、いきなり得意な先制攻撃発動を起こすだろうな・・・・・・、アメリカ人社会は過酷な「開拓時代」から戦い抜いて「自由と発言」の権利を獲得して来た国です!!!さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、今日はさらっと、アメリカ海軍の戦闘航空母艦・原子力大型戦闘空母「USSニミッツ」艦載部隊の一躍担う第11空母打撃群・第9駆逐戦隊所属の「USS キッド (DDG-100)」、「 USS ハワード (DDG-83)」、「 USSシャウプ (DDG-86) 」の各駆逐艦精鋭群団であるなーとジジイのひとり言。
ストライクグループのデフェンス・デストロイヤーは表には出ないがこれが航空母艦を守るんだよ



  


Posted by tsuzuki  at 17:22Comments(0)

2017年12月05日

アメリカ軍の戦時出動体制では上院、下院議会の承認を得なければならないが水面下で動き活発?

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、冬ですね、寒いですね、雪は降らないけど・・・。では内外のニュースを観て見ましょうか、北朝鮮の夜間イカ釣り操業の泥棒船群団が日本海側沿岸に出没している、独裁国・北朝鮮人民(軍?)らしい、日本の漁場は荒らすし、はては窃盗を働くし・・・・とんでもない連中である。海上保安庁も大変だろうが何とか頑張って排除してほしい、この国の人民は保健衛生上きちんと指導管理されていないので・・・そっちの方が恐ろしい!!もちろん、これらの行為に紛れて諜報(スパイ)工作員の活動も当然相乗りで行っているだろうから・・・。北朝鮮が情報、諜報活動で「朝鮮人民軍・偵察総局」、「朝鮮人民軍・保衛司令部」から、これまでに日本に送り込んでいる諜報活動から破壊工作準備活動のための潜伏(浸透)の潜入工作員「スリーパー」の数は、約600名?と言われている。この「スリーパー」たちは巧みに日本人に紛れて主に在日米軍基地の所在する都市・地域でありとあらゆる軍に関係した情報取得に当っていると言うし、絶対に一か所に長期期間留まる(在住する)ことなく、複数人員で交替で当たり行動は単独?で行うと言われてる・・・・。さて恒例の働く?軍事絵は今日はお休みして・・・北朝鮮が自国独自で製造したアメリカ本土までの飛距離を得たと言ってる「火星15号」・ICBM大陸間弾道弾ミサイルロケットである。これって旧ソ連(ウクライナ製造)製のSLBM/中距離弾道弾ミサイルロケットの改造、修復、2基結合体かな?今日もジジイのひとり言。
アメリカ軍の戦時出動体制では上院、下院議会の承認を得なければならないが水面下で動き活発?


  


Posted by tsuzuki  at 16:24Comments(0)

2017年12月04日

復元機・零式戦闘機 五二型甲(A6M5a)機体製造番号 81— 161号機

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、いささか小寒いがひよりの良い気候ですね。では内外のニュースですが、朝鮮半島動静を睨み「米・韓」軍事部隊が「史上最大規模の航空戦演習」の話題より無いので視点を変えて・・・・太平洋(大東亜)戦争中に戦争初期から中期段階でアメリカ軍戦闘機から恐れられた「ゼロ・ファイター」いわゆる「ゼロ戦」の呼び名だが、戦後に表現された言葉と言う話があるが、当時の国民はこの日本が誇る「名戦闘機」の所在すら知らされていなかった。大々的に「ゼロ戦」の名前が知れ渡って来たのは、実は戦争終結やや一年前で陸上基地出撃用、新型零式戦闘機(五二型甲:A6M5a)が新聞公表されてからである。日本軍・戦闘機乗りの「荒鷲(海軍は“海鷲”、陸軍は“陸鷲”)」たちの部隊の中では「レイセン(零戦)」を「ゼロ戦」と呼んでいた。従がって、すでに戦時中から旧海軍パイロット仲間では「ゼロ戦」の呼び方が定着していた。このゼロ戦はより飛行安定度も改良され、何よりも機体・急降下制限速度も大幅に改良された・・・・そのためにとは言わないが「海軍神風特別攻撃隊」、いわゆる人間爆弾「特攻機」に多くが登用された・・・若き特攻隊員のご冥福を祈りたい。ジジイの独り言。
復元機・零式戦闘機 五二型甲(A6M5a)機体製造番号 81— 161号機

  


Posted by tsuzuki  at 13:55Comments(0)

2017年12月03日

重戦イーグルファイターのドッグファイト能力はステルス・ラプター、ライトニングを超えるよ

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズな店かな?)広場上空、今日はマアマアな天気かな、が年寄りにはチトこたえる感じ??この時期、全国的に各地でイベントばやりと聞く・・・・、でもなんか、全部「食べ物(特産物?ともいう)」のご当地「食の」お祭りらしい・・・。では内外のニュースを観て見ましょうか、日本を取り巻く、朝鮮半島(極東)情勢が軍事戦時態様準備動静でかなりきな臭い感じがしてきた。北朝鮮からここまでアシラワレ、小ばかにされ、ちびロケットマンに威嚇されて「我慢」の限界も極度になって来た・・・・、米軍はすでに、ここ数ヶ月以前からにおいて戦時進攻戦準備をスタンバイ。あとはドランプのアタック・サイン待ち・・・・しばらくは出さないかな?????北朝鮮がこの間打ち上げたICBM・大陸間?弾道弾ミサイルロケット、なんかやっぱ、弾道弾大気圏外上昇、大気圏内落下(再突入)、弾頭部分解破壊消滅でうまくいかなかったとミサイル飛翔解析機関の分析情報が出た。よう判らんが、ちびロケットマンのミサイルは根本的に旧ソ連製のSLBM・中距離弾道弾ミサイルロケットを改造改修し、なおかつ2基のミサイルをジョイント(結合)させ延長した代物のような感じを受ける。当然、リフトアップ推進爆発力も増すであろう。さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、アメリカ空軍・ヨーロッパ&アフリカ軍団・第3空軍・第48戦闘航空団・第48作戦群・第493戦闘飛行隊"The Grim Reapers" (死神部隊)所属のF-15C -37-MC (MSN 0925 C318) 84-0015 イーグル全天候型・大型制空戦闘(爆撃)機である。勢いよく噴射されたアフターバーナーと重なって、綺麗な主翼ベイパーを引いている様子はある意味美しいなぁーとジジイの独り言。
重戦イーグルファイターのドッグファイト能力はステルス・ラプター、ライトニングを超えるよ





  


Posted by tsuzuki  at 16:26Comments(0)

2017年12月02日

ボーン/B-1の爆撃能力はディストラクション・グランド・エリア・・・・地上破壊???

三沢アメリカ村スカイプラザミサワ(東北一アメリカナイズされた店かな?)広場上空、チトこ寒いがまあまあの気候である。スカプラも来客数が徐々にではあるが増えてる感じがする。では内外のニュースをちと覗いて観よう、先日、改造型・大陸弾道弾ミサイルロケット??の最上昇高度リフトアップのためのロケット推進の能力向上発射実験で気を良くしているらしい北朝鮮の新たな動向として、北朝鮮・軍事分析/解析機関の研究予想によると、また新たにSLBM(中距離弾道弾ミサイルロケット:射程4000キロ)タイプの実験準備を進めているとのこと。総体的に現時点での実験の複数回増加は完全に確立した技術力がまだ整っていない事の証である。とにかく、噴射液体燃料の大幅な増量搭載能力、これに伴う最高上昇高度のより以上の飛翔力を急いでいるのが如実に推測できる。アメリカがイラク、アフガン、シリアと戦争をおっぱじめたと同様、北朝鮮と軍事衝突を起こした場合は、韓国軍が最前線で対抗することになり、米軍は航空戦(海軍、空軍)・空爆、地上戦・海兵隊(陸軍)突入となり、限定的な局地戦争になるであろう。北朝鮮と言えどもこの戦時作戦の中に「日本国」軍まで組み入れて戦いを挑むことにはならないであろう。プーチン・ロシア軍が傍観、静観すれば・・・・・・。さて恒例の働く?軍事絵をひとコマ見て観ましょうか、知ってのとおり巨大量の爆弾を搭載できる音速爆撃機の物言わぬ威圧力で不気味な存在の戦略最前線進攻機、アメリカ空軍・地球規模戦闘軍団・第8空軍・第28爆撃航空団・第28作戦群・第37爆撃飛行隊(Tigers)所属のB-1B (MSN 53) 86-0093 「Global Power」ランサー・超音速戦略重爆撃機ELである。この機体の絵は見慣れているがこいつの本当の実力はベールに包まれてるなぁーとジジイの独り言。
ボーン/B-1の爆撃能力はディストラクション・グランド・エリア・・・・地上破壊???



  


Posted by tsuzuki  at 15:20Comments(0)